膝の黒ずみの原因について

●膝が黒ずんでしまう原因

膝に限らず関節は、動かすために皮膚が伸縮するので黒っぽく見えやすい部分ですが、一般的に肌は紫外線を浴びたり刺激を受けると、メラノサイトが刺激されてメラニン色素をたくさん生み出します。これが解消されるに増加してしまうと、色素が沈着して黒ずみになります。

そもそも膝は体の中でも比較的皮脂腺が少ないパーツで、皮脂や汗があまり出ません。そのため潤いが少なく、刺激には非常に弱い部位です。その癖、膝はよく使うところなので、膝をついたり、ピッチリしたジーンズをはいたり脚を組むと、膝が擦れる動作を繰り返すことで肌が刺激され、色素沈着を惹起してしまいます。

その他にも膝部位のゴシゴシと擦る摩擦とギューギューとした圧力、カサカサの乾燥が黒ずみの原因だといわれています。

ゴシゴシと擦る摩擦は、特に毎日着る洋服との摩擦、机や床との摩擦などです。擦れると摩擦が惹起しやすい化学繊維を常に避けるようにし、肌にソフトでなめらかな綿など肌当たりのとても良いものを選択すべきです。または、洋服を着用前ににボディクリームを膝部分に塗るようにすると摩擦を軽くできます。さらに、デスクと肘の間には、タオルを一枚挟んだというだけであっても肘部位を保護できます。

ギューギューとした圧力に関してですが、肘をつく癖と膝をつく環境の両方が黒ずむ原因となっています。肘・膝は両方とも圧力がかかりやすい部位なので、皮膚の構造も顔とは違い、角層が分厚くなっています。角層が分厚いと乾燥しやすく、くすみが目立ちやすいというデメリットがあります。角層が分厚いと、乾燥しやすいだけでなく、肌が硬くなりやすいのが難点です。

カサカサの乾燥についてですが、肘・膝の部位は他のパーツよりも皮脂腺・汗腺が少なく、乾燥しやすいです。皮脂は皮膚表面を保護しますが、肘・膝の部位は皮脂の分泌が少ないので、皮膚を保護する力が弱いです。すると、バリア機能の低下が惹起し、さらにダメージを受けやすくなり、その後、黒ずみができてしまい、当然、だから完治しづらく、黒ずみにかなり長期間苦悩してしまうという負のスパイラルが惹起します。

膝の黒ずみケアラボ@膝美白で評判の商品ランキング